ご入居者の方へ

冬期間の水抜きについて

1.冬期間の水抜きについて(夜間、長期のお出掛けの際は水抜きを忘れずに!)
  1. 水抜き栓は、「台所」「トイレ」「浴室」「洗面台」「給湯器(台所・浴室・洗濯機)」の給水を止めるための栓です。物件によって、水抜き栓の設置場所は異なります。また、「トイレ」と「浴室」が共通の水抜き栓になっている場合など、水抜き栓の数も物件によって異なります。ご不明の場合は、営業担当者にお問い合わせください。
  2. 青森市は、冬期間(特に冷え込む日の夜間帯)は、気温が下がるため、水抜きを行わないと水道の配水管が凍結し、破損(破裂・亀裂等)しますので必ず、夜間・お出掛けの際は、水抜きを忘れずに行ってください。
  3. 台所・浴室・洗面所の水とお湯の蛇口を全開にした状態で、すべての水抜き栓をバルブが止まるまで時計回りにきっちり閉め、水が完全に出なくなり、水が抜ける音がおさまるのを確認してください。
    反対に水を出すときは、蛇口を閉めてから、水抜き栓を開けてください。)
  4. トイレは、タンクの水が出なくなるまで流します。長期間外出する場合は、便器内に不凍液を入れてください。(不凍液は、ホームセンターで販売しています。品名/クーラント 2リットルで500円程)
  5. ウォシュレット付きのトイレは、ウォシュレット本体の下に水抜栓がありますので、これを外して水を抜いてください。
  6. 浴室のシャワーホース内に水がたまっているとこれも凍結することがあります。まず、蛇口のレバーをシャワーにして、シャワーヘッドを逆さにして振るなどし、シャワー器具内の水を流し落とします。

閉める

閉める

2.給湯器の水抜き

給湯器は凍結予防ヒーターが作動しますので、留守中でも給湯器の電源は切らず、コンセントは抜かないでください。但し、大寒波がやってくるような日、お風呂やキッチンで給湯しないで水の流れが滞っている場合、留守が続く場合は、ガス給湯器が凍結してしまう恐れがあります。凍結を防ぐには給湯器の水抜を必ず行ってください。給湯器メーカー等によって水抜きの方法は異なる為、ガス会社に必ずお問い合わせの上水抜きを行ってください。

※凍結防止は借主様(入居者様)で管理・実施していただきますようお願いいたします。万が一水道管、給湯設備を凍結させてしまい破損・故障してしまった場合は、修理交換費用は借主様(入居者様)となります。水抜きについてご不明な点がある場合は、当社もしくは、専門業者までお問い合わせください。

このページのトップへ