建てたい

耐震性と耐久性に優れた頑強な構造躯体の家『YSストロングフレーム』

高強度・高耐久性を誇る軸組み工法で建てる住まい

家を建てるとき心配なのが建物の強度。「地震が来たら…」「火災には?」など、さまざまな不安がつきものですね。

アップルハウジングの住まいは、木の強さと金属の強さを融合させた「YSストロングフレーム」で建てています。

「YSストロングフレーム」とは、土台・柱・梁など構造用集成材の端部に2本のスリット加工を施し、これらをクレテック金物(※1)で接合する「メタルジョイント工法」。

家づくりでは、外から見えない部分も、とても大切です。木材の長さを増すために、材を継ぎ足す部分、または方法の「継手」、そして土台と柱のつなぎ目や、梁と桁のつなぎ目など、各部材を組むときに使われる手法「仕口」。在来工法では躯体を接合するために木材を大きく加工する必要がありました。
しかし「YSストロングフレーム」は、接合金具を用いることにより、継手部分の木材の欠損がボルト取付穴のみと、最小限の欠損で済むため、在来加工と比べ約1.5倍の強度を確保しています。

また、柱・梁は、無垢材の1.5倍以上の強度を持つ構造用集成材で構成されています。含水率がJAS規格15%以下の集成材を使用しているため、木材の乾燥などによる変化(割れ、ひび、反り)が少なくなり、長期にわたり高い寸法安定性を保つことができます。
断面の大きい集成材は、火災の際に表面が焦げても内部まで燃えにくいのが特長。酸素供給を遮る炭化層ができるので、1000度を超えても強度を保つので倒壊防止に役立ちます。

※1クレテック金物とは・・・
厚さ3.2mmの鋼板に、黒色ストロンジンク処理を施し加工したもので、従来の接合強度をはるかに上回る強度を持っています。

「YSストロングフレーム」と「在来加工」の比較

「YSストロングフレーム」は、「在来加工」の良さを活かし問題点をクリアした、次世代の軸組み工法です。

  YSストロングフレーム 在来加工
躯体接合 継手部分を接合金具で完全に締結 オス・メスの加工による継手・仕口で抜け防止に補強金具が必要
軸組木造の部材化 仕口の加工やボルト穴位置に方向性がなく、梁柱が左右どちら向きでも施工可能であるため、部材化が可能 左右加工が異なるため部材化は不可能
スミつけ・仕口加工 単純なワンパターンの加工のため、非熟練者でも加工可能 熟練した技術を要する
通し柱の断面欠損 ボルト取付穴のみと最小限の欠損で済むため強度が高い 4方向から梁が接続する場合、欠き込み加工による断面欠損が極めて大きい
集成材との適合性 梁せい(梁の上端から下端までの高さの寸法)が変化しても、接合金具で対応し、強度も増加する。またスリット加工のため、集成材(異等級)の個々ラミナ強度の影響がない 梁せいが変化しても仕口加工は同一で、比例した強度は得られない。またオス加工すると、強度の弱いラミナ(構造用集成材)部位が残る
断熱パネルとの適合性 接合金具は躯体内に納まり、パネルの納まりに適合性がある 補強金具が構造材の外部に露出し、断熱パネルの納めがネックになる
外圧(荷重・台風・地震に対して)強度の比較 構造用集成材の金具接合により、在来加工の1.5倍の強度を確保 在来仕口加工では正確な接合部強度は計算不可能
工期と建築費 非熟練者でも施工可能なため現状の人数でより多く棟数をこなせ、工期短縮と建築費の低減が可能 熟練した職人による高度な技術が必要なため、工期と建築費がかかる
クレーム発生率 主要構造材の割れ・収縮が原因とされる建具の開閉不良等のクレームが激減 家全体の完成後のクレームの70〜80%は躯体が原因。ソリッド材(縦つなぎのない、一枚物の材料)を在来仕口加工で接合すると、木材の狂いが原因による各種クレームが発生しやすい

詳しくは吉田産業のページ

お問い合わせフォームはこちら

このページのトップへ